コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無心 むしん

5件 の用語解説(無心の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無心
むしん

「心のないこと」で,「無心に遊ぶ」という場合には,無邪気なことを意味し,「無心する」という場合には,遠慮せず物品,金銭をねだることを意味する。仏教の術語としては,妄念を離れた「心そのもの」を意味し,そのような精神状態に入る禅定を無心三昧という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

む‐しん【無心】

[名・形動]
無邪気であること。また、そのさま。「無心の勝利」「無心な子供」
意志・感情などの働きがないこと。「無心の草木」
仏語。
㋐心の働きが休止していること。
㋑一切の妄念を離れた心。⇔有心(うしん)
和歌・連歌で、表現などのこっけい・卑俗をねらいとするもの。
狂歌のこと。和歌を有心(うしん)というのに対していう。
思慮に欠けること。気が利かないこと。また、そのさま。
「さること言はむ人、かへりて―ならむかし」〈・一三三〉
情趣を解する心がないこと。また、そのさま。無風流。
「―なる女房などの歌よみかけたる」〈無名抄
思いやりのないこと。また、そのさま。無情。
「―に心づきなくてやみなむと」〈・帚木〉
[名](スル) 人に金品をねだること。「親に金を無心する」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

むしん【無心】

大阪の日本酒。数量限定の大吟醸酒。醪(もろみ)に圧力を加えずに、自然に垂れてきた酒を集めた「しずく酒」。原料米は山田錦。仕込み水は中硬水の自家井戸水。蔵元の「浪花酒造」は寛政年間(1789~1801)創業。所在地は阪南市尾崎町。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

むしん【無心】

平安朝では〈有心(うしん)〉に対する語。〈有心のひと無心のひとえりいでなむ〉(《亭子院有心無心歌合》),〈さる無心の女房〉(《源氏物語》)など,思慮・分別・風流心のない意。中世に〈有心〉が文学表現の深さの美を表すようになるとともに,〈無心〉も,機知・滑稽を主とした文学的性質を表すものになる。すでに古く,〈無心所着。万葉十六巻に在之。たゞすゞろ事也。あしくよめばその姿ともなきものなり〉(《八雲御抄》)など,無意味な歌をさす言葉として用いられていたが,中世には〈後鳥羽院の御時,柿の本・栗の本として置かる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

むしん【無心】

( 名 ) スル
無生物や植物のように、心をもたないこと。 「 -の草木」
遠慮なく人に金品をねだること。 「親に金を-する」 「 -をいつて五両もらつたのを/安愚楽鍋 魯文
〘仏〙 一切の妄念から解放された心。 ↔ 有心うしん
和歌・連歌で、卑俗・滑稽さを求めたもの。 ↔ 有心 「有心-歌合」
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
心にわだかまりのないこと。雑念や欲心のないこと。また、そのさま。 「 -の勝利」 「 -に遊ぶ子供」 「 -の境地」 「 -な与吉は誘ひ出されるままにいつて畢しまつた/土
思慮・分別のないこと。無神経なこと。また、そのさま。 「中将のいと実法の人にて率て来ぬ、-なめりかし/源氏 常夏
情趣を解する心がないこと。風流心のないこと。また、そのさま。 「人の遊びせむ所には、草刈笛吹くばかりの心どもにて、いと-にて侍り/宇津保 国譲上

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無心の関連キーワード一・壱一・壱・壹逸・一・佚・溢・逸一再ざら車乗小雑色一、二、三─死一色町一本木

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

無心の関連情報