コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無心 むしん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無心
むしん

「心のないこと」で,「無心に遊ぶ」という場合には,無邪気なことを意味し,「無心する」という場合には,遠慮せず物品金銭をねだることを意味する。仏教の術語としては,妄念を離れた「心そのもの」を意味し,そのような精神状態に入る禅定を無心三昧という。また無念無想の仏道修行者を無心道人という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

む‐しん【無心】

[名・形動]
無邪気であること。また、そのさま。「無心の勝利」「無心な子供」
意志・感情などの働きがないこと。「無心の草木」
仏語。
㋐心の働きが休止していること。
㋑一切の妄念を離れた心。⇔有心(うしん)
和歌・連歌で、表現などのこっけい・卑俗をねらいとするもの。
狂歌のこと。和歌を有心(うしん)というのに対していう。
思慮に欠けること。気が利かないこと。また、そのさま。
「さること言はむ人、かへりて―ならむかし」〈・一三三〉
情趣を解する心がないこと。また、そのさま。無風流。
「―なる女房などの歌よみかけたる」〈無名抄
思いやりのないこと。また、そのさま。無情。
「―に心づきなくてやみなむと」〈・帚木〉
[名](スル) 人に金品をねだること。「親に金を無心する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

むしん【無心】

大阪の日本酒。数量限定の大吟醸酒。醪(もろみ)に圧力を加えずに、自然に垂れてきた酒を集めた「しずく酒」。原料米は山田錦。仕込み水は中硬水の自家井戸水。蔵元の「浪花酒造」は寛政年間(1789~1801)創業。所在地は阪南市尾崎町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むしん【無心】

平安朝では〈有心(うしん)〉に対する語。〈有心のひと無心のひとえりいでなむ〉(《亭子院有心無心歌合》),〈さる無心の女房〉(《源氏物語》)など,思慮・分別・風流心のない意。中世に〈有心〉が文学表現の深さの美を表すようになるとともに,〈無心〉も,機知・滑稽を主とした文学的性質を表すものになる。すでに古く,〈無心所着。万葉十六巻に在之。たゞすゞろ事也。あしくよめばその姿ともなきものなり〉(《八雲御抄》)など,無意味な歌をさす言葉として用いられていたが,中世には〈後鳥羽院の御時,柿の本・栗の本として置かる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

むしん【無心】

( 名 ) スル
無生物や植物のように、心をもたないこと。 「 -の草木」
遠慮なく人に金品をねだること。 「親に金を-する」 「 -をいつて五両もらつたのを/安愚楽鍋 魯文
〘仏〙 一切の妄念から解放された心。 ↔ 有心うしん
和歌・連歌で、卑俗・滑稽さを求めたもの。 ↔ 有心 「有心-歌合」
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
心にわだかまりのないこと。雑念や欲心のないこと。また、そのさま。 「 -の勝利」 「 -に遊ぶ子供」 「 -の境地」 「 -な与吉は誘ひ出されるままにいつて畢しまつた/土
思慮・分別のないこと。無神経なこと。また、そのさま。 「中将のいと実法の人にて率て来ぬ、-なめりかし/源氏 常夏
情趣を解する心がないこと。風流心のないこと。また、そのさま。 「人の遊びせむ所には、草刈笛吹くばかりの心どもにて、いと-にて侍り/宇津保 国譲上

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

無心の関連キーワード魚は江湖に相忘る安達雲斎(初代)面の皮が厚いあどけない瞑想・冥想女殺油地獄栗の本の衆何心もなし鈴木定中門を塞ぐ細井定橘古筆了雪何心無い韻を探る文字寸半花鳥諷詠手を擦る主を取る有心連歌無心連歌

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無心の関連情報