コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口三味線 クチザミセン

デジタル大辞泉の解説

くち‐ざみせん【口三味線】

くちじゃみせん」に同じ。

くち‐じゃみせん【口三味線】

口で三味線の伴奏をまねること。くちざみせん。
口先で相手を巧みにだますこと。しゃみせん。くちざみせん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くちじゃみせん【口三味線】

邦楽用語。三味線旋律を口で唱えることをいうが,欺こうとして巧みに言いかける言葉の形容としても使われている。楽器の旋律を擬声音で歌って記憶する便利な方法として古くから行われた唱歌(しようが)が,雅楽から一節切(ひとよぎり)を経て,三味線に応用されたもの。〈チン・トン・シャン〉は三味線音楽の代名詞のようになっているが,チンは三の勘所(かんどころ)を押さえた音,トンは二の弦の開放音,シャンは二と三の弦とを同時に弾いた音であり,そのほか,一と二の弦を押さえた音はツン,一,二弦同時のときはチャン,三の弦の開放がテン,(ばち)ですくう場合はラ行を用いる,といったぐあいに,弦の違いや押さえた音,放した音から,撥の使い方,ハジキという指使いまでが,口で唱えることによって,すぐにわかるようになっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くちざみせん【口三味線】

くちじゃみせん【口三味線】

〔「くちざみせん」とも〕
口で三味線の音や曲節をまねること。
うまく相手を丸めこむように言いかける言葉。口車。 「 -に乗る」
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の口三味線の言及

【三味線】より

…地歌の公刊譜にしてもその集成書別に異なる記譜法であったが,現在では家庭式三味線譜といわれるものが普及し,長唄,小唄などでは文化譜といわれるものが普及している。これらの勘所譜とは別に,擬声的表現である口三味線で,その旋律を口でいうことも行われ,スクイなどの奏法と使用弦や開放弦であるかどうかなどが弁別できるため,心覚えとして記録されることもあり,不完全ながら一種の楽譜としても利用される。また長唄のある派では,小十郎譜といわれる,階名の数字譜を利用したものも用いられている。…

※「口三味線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

口三味線の関連キーワード津打治兵衛(津打次兵衛)八文字屋自笑(初代)八文字自笑(初代)八文字屋八左衛門ソルミゼーションソルフェージュちんとんしゃん三味線独稽古八文字屋自笑傾城色三味線唱歌(雅楽)口車に乗せる役者評判記八文字自笑江島其磧西川祐信大門与作糸竹大全評判記芥太夫

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android