コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傾城色三味線 けいせいいろじゃみせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

傾城色三味線
けいせいいろじゃみせん

浮世草子江島其磧作。5巻5冊。元禄 14 (1701) 年刊。八文字屋本の第1作。5巻を京,大坂,江戸,鄙,湊の各巻に分け,各巻頭に遊女名寄 (なよせ) ,揚屋,茶屋などを細見 (さいけん) 風に掲げ,以下に各土地の話を数編ずつ並べている。客と遊女との駆引きを描いたこれらの短編は,いずれも井原西鶴の『好色一代男』『好色二代男』『好色盛衰記』『西鶴置土産』などの焼直しであり,新味はないが,大衆的な味わいが人気を呼び,以後遊里生活を主題とした「三味線物」と呼ばれる浮世草子を次々に生むことになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

けいせいいろじゃみせん【傾城色三味線】

浮世草子。江島其磧作。1701年、八文字屋刊。京・江戸・大坂・鄙ひな・湊みなとの五巻から成り、各巻巻頭に島原・吉原・新町などの遊女の名寄せを掲げ、遊興の種々相を描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

傾城色三味線
けいせいいろじゃみせん

江島其磧(きせき)の浮世草子。1701年(元禄14)八文字屋八左衛門刊。5巻24話。其磧浮世草子の処女作。5巻を京、大坂、江戸、鄙(ひな)、湊(みなと)に分け、遊興の種々相を叙す。作者はこれより先、1699年(元禄12)に役者評判記『役者口三味線』を書いており、本書の横本仕立、巻頭に遊女名寄(なよせ)を出すなどは、この体裁を浮世草子に転用したもので、加うるに「好色」に対し「傾城」を冠して、もって新機軸を出したのだった。文章は西鶴(さいかく)に拠(よ)るところが多いが平明、その平明さと構成の妙が当時の読者の求めに合致し、新機軸と相まって、大好評を博した。この後「傾城」「三味線」を付する作品が続出、其磧自身も浮世草子界を主導した。[江本 裕]
『『日本名著全集9 浮世草子集』(1928・同書刊行会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

傾城色三味線の関連キーワード八文字屋自笑名寄せ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android