コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口峡炎 コウキョウエン

世界大百科事典内の口峡炎の言及

【アンギーナ】より

…起因菌は溶血性連鎖球菌やブドウ球菌が多い。元来アンギーナとは口峡炎のことをさす。口峡は咽門とも呼ばれ,口腔から中咽頭に移行する狭くなった部分のことであり,のどの炎症ではれるといっそう狭くなるので,アンギーナの語はもっぱら扁桃を中心とした咽頭炎に使われてきたが,語源的にはギリシア語のagchonēと関係があり,体を締めつけられるという意味で,狭心症angina pectorisにもとられるので注意を要する。…

※「口峡炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

口峡炎の関連キーワード習慣性扁桃炎(習慣性アンギーナ)急性扁桃炎(アンギーナ/口峡炎)子どもに多い自己免疫疾患と対策扁桃周囲炎/扁桃周囲膿瘍コクサッキーウイルスワンサンアンギーナ斜頸のいろいろヘルパンギーナ慢性扁桃炎扁桃炎

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android