口清(読み)くちぎよし

精選版 日本国語大辞典の解説

くち‐ぎよ・し【口清】

〘形ク〙
① ものの言い方が立派である。もの言いがはっきりしている。
※源氏(1001‐14頃)夕霧「心の問はむにだに、くちきよふ答へんとおぼせば、いみじうもて離れ給ふ」
② 内実がないくせに、口先だけは立派である。口先で言いつくろうさまである。
※狭衣物語(1069‐77頃か)三「いかに、くちきよくあらがひ逃れんとすらんものを」
くちぎよ‐げ
〘形動〙
くちぎよ‐さ
〘名〙

くち‐きよらか【口清】

〘形動〙
① ものの言い方が立派なさま。はっきりとものを言うさま。
② 口先だけは立派なさま。
※新撰六帖(1244頃)五「玉くしげふたりぬる夜もあるものをくちきよらかに何かいとひし〈藤原信実〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android