口陥(読み)こうかん

精選版 日本国語大辞典「口陥」の解説

こう‐かん【口陥】

〘名〙 動物の口のもととなる部分で、外胚葉(がいはいよう)にできるくぼみ。外胚葉が、内胚葉の前に面する部分で陥入してでき、のちに内・外胚葉の隔壁がなくなって口ができる。口道。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トビウオ

ダツ目トビウオ科の海水魚。別名アキツトビウオ,ホントビ。体長 35cm。体は長く,背面は平たい。側線は腹面近くを走る。鱗は円鱗ではがれやすい。尾鰭の下葉は上葉に比べて大きい。胸鰭は特に長く,よく発達し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android