内胚葉(読み)ないはいよう

日本大百科全書(ニッポニカ)「内胚葉」の解説

内胚葉
ないはいよう

動物の胚葉の一つで、嚢胚(のうはい)期以後のある期間、原腸をつくりあげている細胞集団をいう。内胚葉は、将来は動物の内表面として、外界から体の必要とするものを吸収する器官、およびそれに付属する諸器官を形成する。それらは、食道、肝臓膵臓(すいぞう)(原始的な動物では肝膵臓)、うきぶくろ、肺、気管などである。昆虫を除く多くの無脊椎(むせきつい)動物、両生類、原索動物などでは、嚢胚形成期に陥入、外延など胚細胞の運動により胚内にポケット様の原腸として内胚葉が形成されるが、昆虫や、爬虫(はちゅう)類以上の動物では内胚葉のでき方は複雑で、時期によっては内胚葉を限定することがむずかしい。鳥では胚盤葉下層の細胞の一部と、ヘンゼン結節を経て陥入した細胞が合して内胚葉となるとされている。

[竹内重夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「内胚葉」の解説

内胚葉
ないはいよう
endoderm; entoderm

動物の発生途上で,細胞層が重積した際の内側または下側の層。典型的な胚発生 (ウニ,カエルなど) では,中空の細胞が空気の抜けたボールのようにくぼんでいき,内側に入った層が内胚葉,外を包むのが外胚葉となり,やがて中間に中胚葉を生じる。卵黄の多い卵 (鳥類,昆虫など) や2次的に卵黄を失った卵 (哺乳類) では,胚葉間の位置関係はもっと複雑である。内胚葉は脊椎動物の場合,消化管と付属腺 (膵臓,肝臓) や甲状腺胸腺へと分化する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「内胚葉」の解説

ない‐はいよう ‥ハイエフ【内胚葉】

〘名〙 後生動物の発生過程中の原腸形成期に外胚葉から分離した胚葉の一つ。胚葉のうちで、最も内方に位置し、消化管の主要部を形成するほか肝臓・膵臓・胸腺・甲状腺などの付属腺に分化する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の内胚葉の言及

【胚葉】より

…その結果,内外二つの細胞層,およびこの両者の間に位置する上皮性または間充織性の細胞が出現する。これらのうち,外に面した細胞層を外胚葉ectoderm,内側に向いた層を内胚葉endoderm,両者に囲まれて直接外界に接することのない細胞群を中胚葉mesodermとよぶ。受精からこの三胚葉の分化までの過程の具体的な様相はさまざまであっても,すべての多細胞動物に共通している。…

※「内胚葉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android