コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古丁銀 コチョウギン

デジタル大辞泉の解説

こ‐ちょうぎん〔‐チヤウギン〕【古丁銀】

慶長6年(1601)鋳造の慶長丁銀以前に鋳造された丁銀。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こちょうぎん【古丁銀】

天正年間(1573~1592)鋳造の丁銀。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の古丁銀の言及

【丁銀】より

…丁銀は室町時代後期から造られ,鋳造者である富商や両替商の極印によって流通した。これは古丁銀と呼ばれ,切り遣いの慣行が見られた。江戸時代に入って,幕府は1601年(慶長6)慶長丁銀を鋳造した。…

※「古丁銀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

古丁銀の関連キーワードセナパティエセックス伯救貧法マタラム・イスラムミハイ[勇敢公]西高木家陣屋エセックス(伯)ハスラーミハイ勇敢公ガリレイ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android