コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古丁銀 コチョウギン

2件 の用語解説(古丁銀の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こ‐ちょうぎん〔‐チヤウギン〕【古丁銀】

慶長6年(1601)鋳造の慶長丁銀以前に鋳造された丁銀。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の古丁銀の言及

【丁銀】より

…丁銀は室町時代後期から造られ,鋳造者である富商や両替商の極印によって流通した。これは古丁銀と呼ばれ,切り遣いの慣行が見られた。江戸時代に入って,幕府は1601年(慶長6)慶長丁銀を鋳造した。…

※「古丁銀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

古丁銀の関連キーワードセナパティ西高木家陣屋近代の佐渡金銀山福岡城佐渡金銀山姫路城鶴丸城の御楼門七里の渡し逸然銀座

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古丁銀の関連情報