コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古代五種競技 こだいごしゅきょうぎ

1件 の用語解説(古代五種競技の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古代五種競技
こだいごしゅきょうぎ

古代オリンピック,オリュンピア競技会 (前 776~後 393) における主要競技。前 708年の第 18回大会で初めて採用された。幅跳び (立ち跳びに似たもの) ,短距離競走円盤投げやり投げレスリングの5種目を一人の競技者が行ない,成績を競った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古代五種競技の関連キーワードオリンピアード冬季オリンピックプレオリンピックオリンピックの歌オリンピア祭オリンピック村オリンピアン夏季オリンピック長野オリンピックオリュンポス[山]

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone