コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古代神(じん)

デジタル大辞泉プラスの解説

古代神(じん)

富山県、岐阜県民謡。主に五箇山地方、白川郷で歌われる。『新保広大寺』を基にしており、曲名は広大寺に由来。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

古代神(じん)の関連キーワードヘルメス・トリスメギストスロードス島の騎士団長の宮殿ジョン ヒース・スタッブズマフムード タイムールピコ・デラ・ミランドラ本朝幻想文学縁起ポセイドン神殿ビラ・ロトンダアフェア神殿森 三樹三郎ヘルメス文書プリュードン人間中心主義ディオン遺跡カルステンスジラルドンベックリントゥルニエフィチーノ比較神話学

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android