コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古代神(じん)

1件 の用語解説(古代神(じん)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

古代神(じん)

富山県、岐阜県の民謡。主に五箇山地方、白川郷で歌われる。『新保広大寺』を基にしており、曲名は広大寺に由来。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古代神(じん)の関連キーワード五箇山小切子節麦や節五箇山荘五箇山かぶ五箇山民俗館富山県南砺市相倉富山県南砺市菅沼利賀〈村〉岐阜県大野郡白川村荻町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone