コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新保広大寺 シンポコウダイジ

デジタル大辞泉の解説

しんぽ‐こうだいじ〔‐クワウダイジ〕【新保広大寺】

新潟県の民謡十日町市付近の踊り歌。もとは越後瞽女(ごぜ)門付け歌で、十日町の禅寺広大寺の和尚の行状を歌ったものという。瞽女や飴売りなどによって広められ、各地の民謡に影響を与えた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しんぼこうだいじ【新保広大寺】

新潟県下に広く行われる踊歌。発生の由来については,元禄年間(1688‐1704),中魚沼郡下条(げじよう)村新保(現,十日町市)の禅寺広大寺の和尚が,寺の門前の豆腐屋の若後家お市となれそめたことが評判となり,流行歌(はやりうた)として歌い囃され,1784年(天明4)以降には江戸市中にまで広められたという。7・7・7・5形の小歌から,やがてクドキ化して《殿さ節》となり,各地に伝播(でんぱ)して民謡化している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しんぽこうだいじ【新保広大寺】

新潟県魚沼三郡の民謡で、酒盛り唄・手踊り唄。源流は越後瞽女ごぜの門付かどづけ唄という。全国に広まり、「八木節」「津軽じょんがら節」「どっさり節」「道南口説くどき」などを生んだ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新保広大寺
しんぽこうだいじ

日本民謡の曲名の一つで、わが国の遊芸人の唄(うた)の主流をなすもの。源流は不明だが、越後瞽女(えちごごぜ)が門付(かどづけ)の軒先で歌う『こうといな』あたりが元と思われる。
 この背景をたどると、新潟県十日町市下組(しもぐみ)新保にある禅寺の広大禅寺14代目の白岩亮端和尚(おしょう)の時代、信濃(しなの)川の中州の耕作権をめぐって、寺島新田と上ノ島新田の農民が対立した事件にいきあたる。寺は寺島新田側につき、一方上ノ島新田側には縮(ちぢみ)問屋の組合頭・最上屋(もがみや)上村藤右衛門邦好がついて、ついには寺と最上屋の争いになってしまった。そこで最上屋は寺の和尚を追い出すことを考え、先の『こうといな』あたりを元に、和尚の悪口唄の替え唄をつくらせ、瞽女をはじめとする遊芸人から反対派の農民にまで歌わせた。それは1782~83年(天明2~3)のことで、そのときの歌詞が「新保広大寺メクリこいて負けた」とか「新保広大寺の和讃(わさん)のなかに色という字が……」といったものであったことから『新保広大寺』とよばれるようになった。これはのちに瞽女の手で七七七七の4句を一単位にして、必要なだけ繰り返して歌う長編の「口説節(くどきぶし)」に形が変えられると、読売りや飴(あめ)売りなどの手を経て諸国に広まり始め、『八木節(やぎぶし)』(群馬県)、『秋田飴売唄』(秋田県)、『津軽じょんがら節』(青森県)、『道南口説』(北海道)などになっていった。[竹内 勉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の新保広大寺の言及

【津軽じょんから節】より

…語り物風の口説(くどき)の一種で,《津軽よされ節》《津軽おわら節》とともに〈津軽の三つもの〉と呼ばれる。越後の《新保(しんぼ)広大寺》の〈くずし〉が《殿さ節》《やんれ節》として元禄時代(1688‐1704)末に関東から東北にかけて流行し,これが《津軽じょんから節》の曲調を生んだという。曲調は3度変わり,現在の歌には原調は失われている。…

※「新保広大寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

新保広大寺の関連キーワード津軽じょんがら節酒盛り唄道南口説越後口説古代神八木節ごぜ唄源流

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android