古典文学(読み)コテンブンガク

デジタル大辞泉の解説

こてん‐ぶんがく【古典文学】

規範的で恒久的な価値をもつと見なされる文学。
一民族の伝統を形成する、過去のすぐれた文学。日本ではふつう近代文学に対して江戸時代までのものをいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こてん‐ぶんがく【古典文学】

〘名〙
① 古典と呼ぶにふさわしい文学作品。
② 古典主義の文学。〔尖端語百科辞典(1931)〕
③ 日本で、近代文学に対して、主として江戸時代までの文学をさしていう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報