コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古川柳 コセンリュウ

大辞林 第三版の解説

こせんりゅう【古川柳】

江戸時代に行われた川柳。明治時代に復興された新川柳に対していう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の古川柳の言及

【狂句】より

…早くは,二条良基の《筑波問答》に連歌の風体を分類し,中に〈狂句〉の1体が認められ,芭蕉にも〈かれ狂句を好むこと久し〉(《笈の小文》)や〈狂句こがらしの身は竹斎に似たる哉〉とあり,俳諧と同義,もしくは物に興じた発句の意に使用された。しかし狭義では,初代川柳時代の作品を〈古川柳〉とし,2世以後の旧派作品を狂句と呼ぶ習慣ができている。1824年(文政7)には,4世川柳が,従来の〈前句〉の称が単独17音句には合わないので〈俳風狂句〉と称してみずから元祖を名のり,次いで5世が,1841年(天保12)に〈柳風狂句〉と改称した。…

※「古川柳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

古川柳の関連キーワード岡田 朝太郎川柳(短詩)今井 卯木岡田朝太郎風流江戸雀飯島 保作西原 柳雨宮武 外骨阪井久良伎山路 閑古前田雀郎宮武外骨江戸時代今井卯木西原柳雨明治時代山路閑古夜鷹狂句

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古川柳の関連情報