古曳嘉重(読み)こびき かじゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古曳嘉重 こびき-かじゅう

?-? 江戸時代後期の陶工。
安価な陶器製造をこころざし,嘉永(かえい)(1848-54)のころ郷里の伯耆(ほうき)会見郡(あいみぐん)徳長村(鳥取県西伯町)の三崎谷尻に開窯。同郡落合村の松浦助六とおなじ高見畑の土をもちいた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android