コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古曳嘉重 こびき かじゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古曳嘉重 こびき-かじゅう

?-? 江戸時代後期の陶工。
安価な陶器製造をこころざし,嘉永(かえい)(1848-54)のころ郷里の伯耆(ほうき)会見郡(あいみぐん)徳長村(鳥取県西伯町)の三崎谷尻に開窯。同郡落合村の松浦助六とおなじ高見畑の土をもちいた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古曳嘉重の関連キーワード陶工

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android