古曳嘉重(読み)こびき かじゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古曳嘉重 こびき-かじゅう

?-? 江戸時代後期の陶工。
安価な陶器製造をこころざし,嘉永(かえい)(1848-54)のころ郷里の伯耆(ほうき)会見郡(あいみぐん)徳長村(鳥取県西伯町)の三崎谷尻に開窯。同郡落合村の松浦助六とおなじ高見畑の土をもちいた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android