伯耆(読み)ほうき

精選版 日本国語大辞典「伯耆」の解説

ほうき はうき【伯耆】

山陰道八か国の一つ。大化改新で一国となる。鎌倉時代は六波羅探題南方(北条氏)が守護を兼ね、室町時代は山名氏が守護を世襲。江戸初期に米子黒坂倉吉・八橋などの諸藩が置かれたが、元和三年(一六一七)以後池田氏が領有。廃藩置県後鳥取県・島根県を経て、明治一四年(一八八一)鳥取県の西部となる。伯州。伯。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android