コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古満蒔絵 コママキエ

デジタル大辞泉の解説

こま‐まきえ〔‐まきヱ〕【古×蒔絵】

徳川家の御用蒔絵師、古満家が制作した蒔絵。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こままきえ【古満蒔絵】

江戸時代の御用蒔絵師、古満家で製作した蒔絵。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の古満蒔絵の言及

【古満家】より

…彼の作に〈柴垣蔦蒔絵硯箱〉(東京国立博物館)がある。子孫は江戸末期まで12代におよび,代々の作風を古満蒔絵とよぶ。その作風は幸阿弥蒔絵と異なり,幸阿弥家では古満家を道楽蒔絵と軽んじた。…

※「古満蒔絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

古満蒔絵の関連キーワード江戸時代古満

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android