コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古田広計 ふるた ひろかず

美術人名辞典の解説

古田広計

豊後岡藩の老職。号渕黙。字は弘卿。藩の名族なり。夙に学を好み山鹿流の兵学を能くす。最も国学に精通し、和歌、国文を長ずる。江戸の邸にある村田春海加藤千蔭に業を問い、又肥後の長瀬真幸と交を結ぶ。文化14年(1817)歿、43才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古田広計 ふるた-ひろかず

?-? 江戸時代中期-後期の国学者。
豊後(ぶんご)(大分県)岡藩の家老。村田春海(はるみ),加藤千蔭(ちかげ)らにまなび,安永5年(1776)創設の藩校由学館の副学正をつとめる。山鹿流の兵学に通じ,茶道にもすぐれた。字(あざな)は弘卿。号は淵黙(えんもく),不染斎。著作に「不染斎歌集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古田広計の関連キーワード国学者

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android