コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古田貞 ふるた さだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古田貞 ふるた-さだ

1869-1922 明治-大正時代の教育者。
明治2年7月28日生まれ。33年鳥取市に女子裁縫塾をひらく。38年鳥取裁縫女学校,44年鳥取技芸女学校と校名をあらため,現在の鳥取女子高の基礎をつくった。大正11年10月18日死去。54歳。因幡(いなば)(鳥取県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古田貞の関連キーワード島津保次郎藩学一覧女性参政権アイルランド自由国帰山教正パステルナークブラジル文学ムルナウチャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)田中源太郎

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone