因幡(読み)イナバ

精選版 日本国語大辞典の解説

いなば【因幡】

山陰道八か国の一国。古くは「稲葉」「稲羽」をあてた。縄文、彌生時代の遺跡が多い。現在の鳥取県東部にあたる。因州。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報