コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

因幡 イナバ

デジタル大辞泉の解説

いなば【因幡】

旧国名の一。鳥取県東部にあたる。古くは「稲葉」「稲羽」とも書いた。因州(いんしゅう)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

因幡 いなば

?-? 平安時代前期の歌人。
仁和(にんな)5年(889)因幡権守(いなばのごんのかみ)となった基世(もとよ)王の王女。「古今和歌集」に歌1首がある。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いなば【因幡】

旧国名の一。鳥取県東部に相当。因州いんしゆう

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

因幡の関連キーワード鳥取県鳥取市国府町町屋鳥取県鳥取市国府町中郷下間荘兵衛(5代)高尾(浅野高尾)神話の里白うさぎ鳥取藩元文一揆因幡山・稲羽山因幡電機製作所尾崎次郎右衛門因幡八上采女安藤伊右衛門ピョンちゃん蘆沢与兵衛足利喜三郎因幡堂縁起荒尾清心斎景長(2)松田市太夫因幡浄成女高浜鉄之助

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

因幡の関連情報