因幡(読み)イナバ

大辞林 第三版の解説

いなば【因幡】

旧国名の一。鳥取県東部に相当。因州いんしゆう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いなば【因幡】

山陰道八か国の一国。古くは「稲葉」「稲羽」をあてた。縄文彌生時代遺跡が多い。現在の鳥取県東部にあたる。因州。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

因幡の関連情報