コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥取県 とっとり

3件 の用語解説(鳥取県の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳥取県
とっとり

面積 3507.28km2。人口 58万8667(2010)。年降水量 1914.0mm (鳥取市) 。年平均気温 14.9℃ (鳥取市) 。県庁所在地 鳥取市。県木 ダイセンキャラボク。県花 二十世紀ナシ(→ナシ)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とっとり‐けん【鳥取県】

鳥取

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔鳥取県〕鳥取〈県〉(とっとり〈けん〉)


中国地方北東部、日本海に面する県。
現在も農林水産県としての性格が強いが、第二次世界大戦後に中海(なかうみ)新産業都市区域の指定などがあり、一部で工業化が進展した。東西に細長く、兵庫県・岡山県・広島県・島根県の4県に接する。県域は千代(せんだい)川流域(東部地区)・天神(てんじん)川流域(中部地区)・日野(ひの)川流域(西部地区)に分けられ、それぞれ鳥取市・倉吉(くらよし)市・米子(よなご)市の3都市を中核とする。人口58万8715。面積3507.28km2。人口密度167.86人/km2。管轄市町村は4市14町1村。県庁所在地は鳥取市。県花は二十世紀ナシの花。
歴史を見ると、弥生遺跡は大山(だいせん)山麓(さんろく)、縄文遺跡は沿岸部に広く分布する。弥生遺跡は内陸部にも多く、畿内(きない)文化圏の銅鐸(どうたく)、北九州文化圏の銅矛(どうほこ)・銅剣が出土している。古墳時代は島根県の出雲(いずも)地方とともに文化圏を形成。古代には因幡(いなば)国・伯耆(ほうき)国がおかれた。平安時代末期には荘園(しょうえん)が成立する一方、大山(だいせん)寺など天台宗の寺院も勢力を有した。南北朝時代からは山名(やまな)氏が両国を支配。応仁の乱以後は、尼子(あまこ)氏・毛利(もうり)氏・豊臣(とよとみ)氏など支配者の変遷が激しかった。江戸時代は1617年(元和(げんな)3)に池田光政(いけだみつまさ)が姫路から鳥取城主として入封。1632年(寛永(かんえい)9)、同氏に代わって岡山の池田光仲が城主となり、明治維新まで代々領有した。この間、綿作や中国山地でのたたら製鉄などの産業が発展。1871年(明治4)の廃藩置県により鳥取県が設置され、同年島根県から隠岐(おき)国部分を編入。1876年に島根県に合併されるが、旧士族らの反発があり、1881年、現県域の鳥取県が再設置された。
地勢を見ると、南の岡山県境には中国山地が連なり、山陰地方山陽地方の分水界をなす。この脊梁(せきりょう)山地に沿って西部に大山・蒜山(ひるぜん)、東部の兵庫県境には氷ノ山(ひょうのせん)などの火山が噴出。東部の千代川、中部の天神川、西部の日野川はいずれも北流して日本海に注ぐ。各河川が運んだ土砂は下流に沖積平野をつくるとともに、日本海の沿岸流の作用を受けて長大な砂州・砂丘や潟湖(せきこ)を形成する。気候は、全域が日本海岸式気候の山陰型に属し、冬季には北西季節風が強くかなりの積雪量をみるが、対馬(つしま)海流の影響で気温は比較的温暖。
産業は、平野部では水田比率が高いが、火山山麓などでは酪農・畜産、砂丘や傾斜地では果樹・ラッキョウ・ネギ・スイカナガイモ葉タバコなど特徴ある農業が営まれる。とくに二十世紀ナシは質量ともに全国屈指の産地として名高い。林業では、東部の千代川上流域で良質のスギ・ヒノキを産する。山陰沖の日本海では巻き網漁業や沖合イカ漁・ズワイガニ漁が盛ん。クロマグロハタハタの漁獲量も全国屈指で、西部の弓ヶ浜(ゆみがはま)半島先端の境(さかい)港は日本海沿岸屈指の水揚げを誇り、水産加工業も盛ん。工業は、第二次世界大戦前は全般的に遅れ、わずかに鳥取市・米子市とその近郊に繊維・製紙工場などが立地していたが、近年は電子部品・電機・金属工場などが各地に進出している。
観光では、北東部の浦富(うらどめ)海岸と鳥取砂丘は山陰海岸国立公園、西部の大山・蒜山は大山隠岐国立公園、南東部の兵庫・岡山両県境は氷ノ山後山那岐山(うしろやまなぎさん)国定公園、南西部の島根・広島両県境は比婆道後帝釈(ひばどうごたいしゃく)国定公園に指定され、それぞれ特徴ある景観がみられる。弓ヶ浜にわく皆生(かいけ)温泉、ラジウム泉の三朝(みささ)温泉は山陰を代表する大温泉。ほかにも東郷(とうごう)温泉・羽合(はわい)温泉・吉岡(よしおか)温泉・浜村(はまむら)温泉など情緒豊かな歴史ある温泉が点在し、関西・山陽地方から多くの観光客を集める。伝統的な民俗芸能・風俗習慣として因幡(いなば)の菖蒲(しょうぶ)綱引き、酒津(さけのつ)のトンドウが国の重要無形民俗文化財に指定されているほか、東部と兵庫県北部の一部では麒麟獅子舞(きりんじしまい)、鳥取市の用瀬(もちがせ)地区では流しびなの伝統行事が伝わる。また夏には鳥取市で傘踊りの鳥取しゃんしゃん祭、米子市では米子がいな祭が行われる
岩美郡
倉吉市
西伯郡
境港市
東伯郡
鳥取市
日野郡
八頭郡
米子市

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳥取県の関連キーワード香川島根裏日本珠洲鳥取福井益田面する島根[県]鳥取[県]

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鳥取県の関連情報