コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥取県(読み)とっとり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳥取〔県〕
とっとり

面積 3507.05km2
人口 57万3441(2015)。
年降水量 1914.0mm (鳥取市) 。
年平均気温 14.9℃ (鳥取市) 。
県庁所在地 鳥取市
県木 ダイセンキャラボク。
県花 二十世紀ナシ(→ナシ)。
県鳥 オシドリ

本州西部,日本海に面する県。東は兵庫県,南は岡山県と広島県の一部,西は島根県に接する。南部は中国山地。最高峰は大山 (1729m) 。海岸には鳥取砂丘,北条砂丘が発達し,海岸線は単調。西端に弓ヶ浜がある。千代川,天神川,日野川が日本海に注ぎ,それぞれ鳥取・倉吉・米子平野を形成している。気候は日本海岸気候で,春季にフェーン現象を伴う。前期縄文期から弥生期の遺跡が大山北麓や沿岸部に多く分布し,内陸平野の丘陵地には多くの古墳が分布。銅鐸出土地もあり,畿内文化と大陸ないし北九州文化の波及がみられる。奈良時代には広範囲にわたって条里制が施行された。室町時代は山名氏に,江戸時代は池田藩に統治されていたが,明治4 (1871) 年の廃藩置県により隠岐を含めて因幡,伯耆を版図とする鳥取県が成立。 1876年島根県に併合されたが 81年に分離,再置された。その際隠岐は島根県に属することになり,現在の県域が確定した。農林業と水産業の比重が高く,米作のほか二十世紀梨,タバコ,野菜の栽培,イワシ,サバ,イカ,マツバガニ (ズワイガニ) などの沿岸漁業が中心である。山地では杉材を産し,南部の人形峠付近にはウランの鉱床がある。工業は電機,機械,金属,縫製,木工,製紙,食品加工業が行われる。大山隠岐,山陰海岸の両国立公園,氷ノ山後山那岐山,比婆道後帝釈の両国定公園,三朝東郷湖,奥日野,西因幡の3県立自然公園がある。 JR山陰本線,伯備線,因美線,国道9号線,29号線,180号線などのほか,米子自動車道が通じ,鳥取,米子の両空港がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔鳥取県〕鳥取〈県〉(とっとり〈けん〉)


中国地方北東部、日本海に面する県。
現在も農林水産県としての性格が強いが、第二次世界大戦後に中海(なかうみ)新産業都市区域の指定などがあり、一部で工業化が進展した。東西に細長く、兵庫県・岡山県・広島県・島根県の4県に接する。県域は千代(せんだい)川流域(東部地区)・天神(てんじん)川流域(中部地区)・日野(ひの)川流域(西部地区)に分けられ、それぞれ鳥取市・倉吉(くらよし)市・米子(よなご)市の3都市を中核とする。人口58万8715。面積3507.28km2。人口密度167.86人/km2。管轄市町村は4市14町1村。県庁所在地は鳥取市。県花は二十世紀ナシの花。
歴史を見ると、弥生遺跡は大山(だいせん)山麓(さんろく)、縄文遺跡は沿岸部に広く分布する。弥生遺跡は内陸部にも多く、畿内(きない)文化圏の銅鐸(どうたく)、北九州文化圏の銅矛(どうほこ)・銅剣が出土している。古墳時代は島根県の出雲(いずも)地方とともに文化圏を形成。古代には因幡(いなば)国・伯耆(ほうき)国がおかれた。平安時代末期には荘園(しょうえん)が成立する一方、大山(だいせん)寺など天台宗の寺院も勢力を有した。南北朝時代からは山名(やまな)氏が両国を支配。応仁の乱以後は、尼子(あまこ)氏・毛利(もうり)氏・豊臣(とよとみ)氏など支配者の変遷が激しかった。江戸時代は1617年(元和(げんな)3)に池田光政(いけだみつまさ)が姫路から鳥取城主として入封。1632年(寛永(かんえい)9)、同氏に代わって岡山の池田光仲が城主となり、明治維新まで代々領有した。この間、綿作や中国山地でのたたら製鉄などの産業が発展。1871年(明治4)の廃藩置県により鳥取県が設置され、同年島根県から隠岐(おき)国部分を編入。1876年に島根県に合併されるが、旧士族らの反発があり、1881年、現県域の鳥取県が再設置された。
地勢を見ると、南の岡山県境には中国山地が連なり、山陰地方と山陽地方の分水界をなす。この脊梁(せきりょう)山地に沿って西部に大山・蒜山(ひるぜん)、東部の兵庫県境には氷ノ山(ひょうのせん)などの火山が噴出。東部の千代川、中部の天神川、西部の日野川はいずれも北流して日本海に注ぐ。各河川が運んだ土砂は下流に沖積平野をつくるとともに、日本海の沿岸流の作用を受けて長大な砂州・砂丘や潟湖(せきこ)を形成する。気候は、全域が日本海岸式気候の山陰型に属し、冬季には北西季節風が強くかなりの積雪量をみるが、対馬(つしま)海流の影響で気温は比較的温暖。
産業は、平野部では水田比率が高いが、火山山麓などでは酪農・畜産、砂丘や傾斜地では果樹・ラッキョウ・ネギ・スイカ・ナガイモ・葉タバコなど特徴ある農業が営まれる。とくに二十世紀ナシは質量ともに全国屈指の産地として名高い。林業では、東部の千代川上流域で良質のスギ・ヒノキを産する。山陰沖の日本海では巻き網漁業や沖合イカ漁・ズワイガニ漁が盛ん。クロマグロ・ハタハタの漁獲量も全国屈指で、西部の弓ヶ浜(ゆみがはま)半島先端の境(さかい)港は日本海沿岸屈指の水揚げを誇り、水産加工業も盛ん。工業は、第二次世界大戦前は全般的に遅れ、わずかに鳥取市・米子市とその近郊に繊維・製紙工場などが立地していたが、近年は電子部品・電機・金属工場などが各地に進出している。
観光では、北東部の浦富(うらどめ)海岸と鳥取砂丘は山陰海岸国立公園、西部の大山・蒜山は大山隠岐国立公園、南東部の兵庫・岡山両県境は氷ノ山後山那岐山(うしろやまなぎさん)国定公園、南西部の島根・広島両県境は比婆道後帝釈(ひばどうごたいしゃく)国定公園に指定され、それぞれ特徴ある景観がみられる。弓ヶ浜にわく皆生(かいけ)温泉、ラジウム泉の三朝(みささ)温泉は山陰を代表する大温泉。ほかにも東郷(とうごう)温泉・羽合(はわい)温泉・吉岡(よしおか)温泉・浜村(はまむら)温泉など情緒豊かな歴史ある温泉が点在し、関西・山陽地方から多くの観光客を集める。伝統的な民俗芸能・風俗習慣として因幡(いなば)の菖蒲(しょうぶ)綱引き、酒津(さけのつ)のトンドウが国の重要無形民俗文化財に指定されているほか、東部と兵庫県北部の一部では麒麟獅子舞(きりんじしまい)、鳥取市の用瀬(もちがせ)地区では流しびなの伝統行事が伝わる。また夏には鳥取市で傘踊りの鳥取しゃんしゃん祭、米子市では米子がいな祭が行われる。
岩美郡
倉吉市
西伯郡
境港市
東伯郡
鳥取市
日野郡
八頭郡
米子市

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

鳥取県

中国地方北東部に位置する県。北部は日本海に面し、鳥取砂丘をはじめとする白砂青松の海岸線が続く。南部には大山をはじめとする中国山地の山々が連なる。山地の多い地形だが、3つの河川の流域に平野を形成。気候は日本海型で、比較的温暖。農業・林業・水産業が盛ん。県花は、二十世紀梨の花。県木は、ダイセンキャラボク。県鳥は、おしどり。県魚は、ヒラメ。

[鳥取県のブランド・名産品]
綾綴織 | 出雲石灯ろう | 板井原大根 | 岩井窯 | 因久山焼 | 因州中井窯 | 因州和紙 | 牛ノ戸焼 | 浦富焼 | 延興寺窯 | 桶・樽・指物・挽物 | 上神焼 | 上神焼上神山窯 | 木彫人形十二支 | 麒麟獅子 | 倉吉絣 | 刳物・下駄・額縁 | 黒見焼 | 砂丘ながいも | 桜独楽 | 鹿野菅笠 | 精霊舟・欄間彫刻 | 染物(筒書き) | 大栄西瓜 | 大山焼久古窯 | 大山友禅染 | 竹細工 | 東伯牛,東伯和牛 | 鳥取20世紀梨 | 土鈴 | 流しびな・きりん獅子 | 伯州一本太葱 | はこた人形 | 筥物・茶道具・桐箱 | 花御所柿 | 福部砂丘らっきょう | 福光焼 | 法勝寺焼皆生窯 | 法勝寺焼松花窯 | 北條土人形 | 蒔絵 | 松葉がに | 弓浜絣 | 淀江傘 | 米子赤かぶ | 和太鼓

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

鳥取県の関連情報