コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古賀恒吉 こが つねきち

1件 の用語解説(古賀恒吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古賀恒吉 こが-つねきち

1883-1953 明治-昭和時代の剣道家。
明治16年4月生まれ。戸田流の陣内巌について修業後,大日本武徳会武術教員養成所にまなぶ。昭和12年範士となる。金沢医大師範,広島県武道主事などをへて,16年満州国武道会神武殿主席師範。昭和4年,9年の天覧武道試合に指定選士,審判員として出場。昭和28年8月16日死去。70歳。佐賀県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

古賀恒吉の関連キーワード植田平太郎大麻勇次奥村寅吉小沢愛次郎小沢武川崎善三郎高野佐三郎中野宗助中山博道堀正平