コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸田流 トダリュウ

大辞林 第三版の解説

とだりゅう【戸田流】

剣・小太刀・居合術などの一派。祖は天正(1573~1592)の頃の人戸田清玄吉方。
薙刀なぎなた術の一派。沼田藩にて戸田派武甲流の薙刀術をいう。
捕手とりて・鎖・縄術などの一派。祖は戸田越後守高興。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android