コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

叫く アメク

デジタル大辞泉の解説

あ‐め・く【叫く】

[動カ四]《「あ」は擬声語、「めく」は接尾語》大声を出す。さけぶ。わめく。
「そこら集まりたる大衆、異口同音に―・きて」〈宇治拾遺・五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あめく【叫く】

( 動四 )
わめく。叫ぶ。 「そこら集りたる大衆、異口同音に-・きて/宇治拾遺 5

ひめく【叫く】

( 動四 )
鳥などが、するどく叫ぶ。 「南殿に鵼ぬえの声して一つの鳥-・き渡りたり/盛衰記 1

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

叫くの関連キーワード擬声語盛衰記

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android