コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

台湾関係法 タイワンカンケイホウ

1件 の用語解説(台湾関係法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たいわんかんけい‐ほう〔タイワンクワンケイハフ〕【台湾関係法】

台湾に対する基本政策について規定した米国の国内法。1979年制定。
[補説]1979年の米中国交正常化に伴う米台断交後も、台湾との同盟関係を維持するために米議会が制定。米国は、台湾を国家と同様に扱い、防衛兵器を供与できるとしている。これに対して「一つの中国」を掲げる中国は内政干渉にあたると非難している。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

台湾関係法の関連情報