台湾関係法(読み)タイワンカンケイホウ

デジタル大辞泉の解説

たいわんかんけい‐ほう〔タイワンクワンケイハフ〕【台湾関係法】

台湾に対する基本政策について規定した米国国内法。1979年制定。
[補説]1979年の米中国交正常化に伴う米台断交後も、台湾との同盟関係を維持するために米議会が制定。米国は、台湾を国家と同様に扱い、防衛兵器を供与できるとしている。これに対して「一つの中国」を掲げる中国は内政干渉にあたると非難している。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

台湾関係法の関連情報