コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国内法(読み)コクナイホウ

大辞林 第三版の解説

こくないほう【国内法】

国家がその主権の範囲内において単独で制定する法。主にその国内における法律関係を規律する法。国家法。 → 国際法

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の国内法の言及

【国際法】より

…もっとも,注意しなければならないことは,国家間の関係および国家の対外関係を規律する法は国際法のみであるが,国際機構や個人を規律する法は,国際法に限られないということである。とりわけ,個人については,今日においても,第一義的には各国の国内法が規律するのであって,国際法が個人に規律を及ぼすのは,例外的な場合においてのみである。 国際社会は,しばしば力の支配する場であって,法の介在する余地はないように考えられている。…

※「国内法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国内法の関連情報