コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

右前 ミギマエ

デジタル大辞泉の解説

みぎ‐まえ〔‐まへ〕【右前】

左の(おくみ)を上に出して和服を着ること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の右前の言及

【襟∥衿】より

…日本の衣服は襟ぐりの形によって,丸首型を盤領(あげくび),交差型を垂領(たりくび)と称したが,中国や朝鮮ではさらに細かく分けて,曲領,直領,円領,団領,交領,対領などの区別がある。垂領の襟はV字状に交差させ打ち合わせるが,自分からみて左の衽(おくみ)を右の上に重ねる着方を右衽(うじん)(右前ともいう。右手側に衽がくる),その逆を左衽(さじん)(左前)という。…

※「右前」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

右前の関連キーワード舌小帯強直症(舌小帯短縮症/舌小帯癒着症)スバル レオーネの2系統ブレーキ5.1チャンネルサラウンドトノサマバッタ(殿様蝗)ギュスターヴクライアッカーマン機構歩く玩具の仕組みコナガ(小菜蛾)ウオッチポケットマトリックス回路キクノハナガイ横滑り防止装置カラマツガイ馬術競技用語立て削り盤五軍都督府元正天皇光学録音本膳料理寄せ几帳

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

右前の関連情報