コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

右巻(き) ミギマキ

デジタル大辞泉の解説

みぎ‐まき【右巻(き)】

右の方へ巻くこと。時計の針の回り方と同様に巻いていること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

右巻 (ミギマキ)

動物。タカノハダイ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

右巻(き)の関連キーワードチョウセンゴミシ(朝鮮五味子)二重らせん(二重螺旋)ヒラマキミズマイマイクルマガイ(車貝)ヒダリマキマイマイカタツムリ(蝸牛)ナツフジ(夏藤)キセルガイモドキウズマキゴカイミスジマイマイ右巻きWボソン反ニュートリノナミマイマイシャンクガイサカマキガイ左巻き・左巻シーソー機構アンテロープαヘリックスZ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android