コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

螺子/捻子/捩子/螺旋 ネジ

デジタル大辞泉の解説

ねじ〔ねぢ〕【螺子/捻子/捩子/螺旋】

《動詞「ね(捩)づ」の連用形から》
円筒や円錐の面に沿って螺旋(らせん)状の溝を切ったもの。溝を外面に切ったものを雄ねじ、それにはまり合うように内面に切ったものを雌ねじという。物を締めつけるのに用いる。
ぜんまい巻く装置。また、ぜんまい。

ら‐し【×螺子】

ねじ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

らし【螺子】

ねじ。ねじくぎ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の螺子/捻子/捩子/螺旋の言及

【ねじ】より

…この円筒表面のつる巻線に沿って,断面の一様な突起をつけた品物(部品)を総称してねじという。螺子(らしとも読む),捻子,捩子などの字があてられ,スクリューということもある。 ねじはあらゆる分野で大量に使用されており,その用途は,機械や構造物の部分どうしを強固に結合するための締結用(ボルト,ナット,木ねじなど),回転運動を直線運動に変換する運動用(工作機械の送りねじ,親ねじなど),微細な位置決め(デバイダーやコンパスの開きの調節など),微小寸法の拡大・指示(マイクロメーターのスピンドルなど),大きな力を発生させる倍力用(ジャッキ,万力など)に大別される。…

※「螺子/捻子/捩子/螺旋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

螺子/捻子/捩子/螺旋の関連キーワードオーエスジー(OSG)螺子・捻子・捩子羅・螺・裸・邏大川精螺工業オーエスジー藤田螺子工業本多通信工業ねじブロック緩む・弛む松嶋 喜作宝井其角螺子鋲メイラらせん雌螺子OSG雄螺子歯車螺旋ねじ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android