コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合流扇状地 ごうりゅうせんじょうち confluent fan

1件 の用語解説(合流扇状地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

合流扇状地
ごうりゅうせんじょうち
confluent fan

2個以上の扇状地が横に連なったもの。山地から平野部に何本かの河川が近接して流出した場合,各河川がつくる扇状地が互いに連続して連なる。日本では甲府盆地伊那盆地,松本平などの断層線の山麓部にみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の合流扇状地の言及

【扇状地】より

… 地殻変動や気候変化,さらには河川の浸食基準面となる海面の変動などによって,扇状地の形成条件が変化した場合には,谷によって刻まれた開析扇状地や扇状地の前面に新たな扇状地が形成された合成扇状地などがつくられる。また,山地から多数の河川が出てくるときには,隣り合う扇状地が相接して連なり,合流扇状地とよばれる一連の扇状地群をつくる。日本では合流扇状地や開析扇状地の例は多く,関東平野の武蔵野台地や東海地方の三方原,磐田原なども古い扇状地が開析されて台地化した開析扇状地である。…

※「合流扇状地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

合流扇状地の関連キーワードキシラン扇状地沖積扇状地比良山地富良野盆地引違い扇状地礫岩藪塚本町[町]井口[村]黒川[村]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone