コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊那盆地 いなぼんち

7件 の用語解説(伊那盆地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊那盆地
いなぼんち

長野県南部,天竜川に沿う細長い盆地。北は辰野町,南は飯田市の天竜峡の間で,長さ約 70km,幅約 5km。木曾山脈伊那山地にはさまれる。天竜川の堆積作用と地盤の間欠的隆起により両岸に河岸段丘が発達。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いな‐ぼんち【伊那盆地】

長野県南部、天竜川に沿って南北に細長く伸びる盆地。古くから養蚕地帯として知られる。伊那谷。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

伊那盆地【いなぼんち】

長野県南部,木曾山脈と伊那山地にはさまれた天竜川流域の谷盆地。伊那谷とも。段丘と氾濫(はんらん)原,支流の扇状地からなり,長さ約60km,幅約4〜10km。かつて養蚕,製糸,織物(おこん縮緬(ちりめん))が盛んであったが,近年はナシ,リンゴの果樹栽培と精密機械工業が発達している。
→関連項目飯島[町]空木岳駒ヶ岳(長野)高森[町]辰野[町]長野[県]松川[町]箕輪[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いなぼんち【伊那盆地】

長野県南部,赤石山脈の前山である伊那山地と木曾山脈にはさまれた地溝盆地。地元では古来伊那谷と呼ぶ。北端の辰野町から南端の飯田市の天竜峡まで南北60kmにおよぶが,東西の幅は4~15kmほどとせまく,標高は400~800mにわたっている。古代には東山道が通ったが,近世には中山道からはずれ中馬(ちゆうま)運送による商業が発展した。盆地の中央を天竜川が流れ,東西の山地から三峰(みぶ)川,小渋川,遠山川,松川など多くの支流が合流している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いなぼんち【伊那盆地】

長野県南部、天竜川に沿い、伊那山地・木曽山脈に囲まれた狭長な盆地。伊那谷。伊那平。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕伊那盆地(いなぼんち)


長野県南部、天竜(てんりゅう)川上流域の盆地。西は木曽(きそ)山脈(中央アルプス)、東は伊那山地に挟まれる。南北に細長く、長さは約60kmに達する。伊那谷(いなだに)・伊那平(いなだいら)とも。天竜川両岸は数段におよぶ河岸段丘、支流沿いに扇状地が発達。南端に天竜峡がある。稲作やリンゴ・ナシなどの果樹栽培が盛ん。伊那・飯田(いいだ)・駒ヶ根(こまがね)各市では精密機械工業が発達。盆地中央を中央自動車道・国道153号・JR飯田線が通じる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊那盆地
いなぼんち

長野県南部、天竜川に沿う狭長な盆地。慣用的に伊那谷とよばれることも多い。西は木曽(きそ)山脈で、東は伊那山地で限られ、この間の東西の幅は5キロメートル内外しかない。標高は北部で700メートル、南部で400メートル。盆地は北端の辰野(たつの)町から南は飯田(いいだ)市の天竜峡までで、この南方は南西方向へ向かう赤石山脈で限られるので、盆地の入口は地形的には北方だけしかない。南北の長さは60キロメートルほどある。平地は天竜川の形成した6~7段の河岸段丘と、西側はこの上に流出した天竜川の大小の支流の形成する扇状地からなる。昭和40年代初期までは工場の進出も少なく、二十世紀ナシとリンゴ、酪農、養蚕などの行われる農村であり、北端から入る袋小路的な性格をもっていた。昭和50年代からは、中央自動車道が南北に縦貫し、名古屋方面との連絡が密接になった結果、工場や大型商店、ホテルなども進出している。北半部の中心都市は伊那市で南半部は飯田市である。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊那盆地の関連キーワード天竜天竜区天竜市天竜下れば長野県下伊那郡大鹿村長野県飯田市川路長野県下伊那郡天龍村長野県岡谷市天竜町浪合〈村〉天竜〈市〉

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone