合繊(読み)ごうせん

精選版 日本国語大辞典「合繊」の解説

ごう‐せん ガフ‥【合繊】

※爪(1960)〈水上勉〉二「大半ナイロンだとか、化繊や合繊になっているのです」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「合繊」の解説

ごう‐せん〔ガフ‐〕【合繊】

合成繊維」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の合繊の言及

【繊維工業】より

…64年には繊維旧法の趣旨をさらに徹底させるために〈繊維工業設備等臨時措置法(繊維新法)〉が制定され,67年には過剰設備の処理と残存設備の近代化,企業の集中統合を目ざす〈特定繊維工業構造改善臨時措置法〉が制定された。
[合成繊維の進展]
 こうしたなかで,繊維産業成長の旗手となろうとしていたのが合成繊維(合繊ともいう)である。すでに1948年には半合成繊維アセテート繊維が工業生産を開始した。…

※「合繊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android