コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉原すみれ よしはら すみれ

2件 の用語解説(吉原すみれの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉原すみれ よしはら-すみれ

1949- 昭和後期-平成時代の打楽器奏者。
昭和24年12月15日生まれ。東京芸大大学院在学中の昭和47年ジュネーブ国際音楽コンクールで優勝。49年メシアン国際コンクール4位,52年ミュンヘン国際音楽コンクール2位などで注目された。54年芸術祭優秀賞,55年サントリー音楽賞,平成14年中島健蔵音楽賞,16年朝日現代音楽賞。武蔵野音大教授。作曲やコンサートの企画,監督など幅ひろく活動している。東京出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

吉原 すみれ


芸名
吉原 すみれ

性別
女性

出身地
東京都

職種
音楽

プロフィール
幼少の頃より、工藤昭二のマリンバレッスンを受ける。高校入学時より、打楽器を小宅勇輔に師事。東京芸術大学に入学し、打楽器一般を有賀誠門、マリンバを高橋美智子に師事。1977年ミュンヘン国際コンクールで1位なしの2位。ソロ・レコードRCAより全世界に発売される。アンサンブル・ヴァン・ドリアントライアングルミュージックツアーなどアンサンブル活動も行い、アンサンブル・ヴァン・ドリアン団員として1983年中島健蔵賞受賞。1986年立花隆の制作録音によるCD『とぎれた闇』を発表。1986-93年CBSソニーで4枚のソロCDと1枚のデュオCD(笛の藤舎推峰との「デュエル」)を制作。1991・97年ミュンヘン国際コンクール、1992年ジュネーヴ国際コンクール、審査員。アンサンブルタケミツ、メンバー武蔵野音楽大学教授。1979年より85年までカメラータレーベルにて5枚のソロ・アルバム吉原すみれ・打楽器の世界1-5)を制作。

代表作品
アルバム『吉原すみれ・打楽器の世界1』(1980) / アルバム『打楽器通信』(1997) / アルバム『打楽器通信2』(2002)

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の吉原すみれの言及

【ジュネーブ国際音楽コンクール】より

…過去の第1位受賞者のうち,おもな音楽家にはベネデッティ・ミケランジェリ(1939,ピアノ),グルダFriedrich Gulda(オーストリア,1930‐ )(1946,ピアノ),ニコレAurèle Nicolet(スイス,1926‐ )(1948,フルート),アンドレMaurice André(フランス,1933‐ )(1955,トランペット),アルヘリチMartha Argerich(アルゼンチン,1941‐ )(1957,ピアノ)らがいる。また日本人では,吉原すみれ(1972,打楽器),河野俊子(1973,フルート)がいる。【成沢 玲子】。…

※「吉原すみれ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉原すみれの関連キーワードサクラスミレ(桜菫)シハイスミレ(紫背菫)スミレ(菫)タデスミレ(蓼菫)ノジスミレ(野路菫)フモトスミレ(麓菫)アカネスミレ(茜菫)スミレ科ヒゴスミレ(肥後菫)ヒゴスミレ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉原すみれの関連情報