コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉原すみれ よしはら すみれ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉原すみれ よしはら-すみれ

1949- 昭和後期-平成時代の打楽器奏者。
昭和24年12月15日生まれ。東京芸大大学院在学中の昭和47年ジュネーブ国際音楽コンクールで優勝。49年メシアン国際コンクール4位,52年ミュンヘン国際音楽コンクール2位などで注目された。54年芸術祭優秀賞,55年サントリー音楽賞,平成14年中島健蔵音楽賞,16年朝日現代音楽賞。武蔵野音大教授。作曲やコンサートの企画,監督など幅ひろく活動している。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

タレントデータバンクの解説

吉原 すみれ


芸名
吉原 すみれ

性別
女性

出身地
東京都

職種
音楽

プロフィール
幼少の頃より、工藤昭二のマリンバのレッスンを受ける。高校入学時より、打楽器を小宅勇輔に師事。東京芸術大学に入学し、打楽器一般を有賀誠門、マリンバを高橋美智子に師事。1977年ミュンヘン国際コンクールで1位なしの2位。ソロ・レコードがRCAより全世界に発売される。アンサンブル・ヴァン・ドリアン、トライアングル・ミュージック・ツアーなどアンサンブル活動も行い、アンサンブル・ヴァン・ドリアン団員として1983年中島健蔵賞受賞。1986年立花隆の制作録音によるCD『とぎれた闇』を発表。1986-93年CBSソニーで4枚のソロCDと1枚のデュオCD(笛の藤舎推峰との「デュエル」)を制作。1991・97年ミュンヘン国際コンクール、1992年ジュネーヴ国際コンクール、審査員。アンサンブルタケミツ、メンバー。武蔵野音楽大学教授。1979年より85年までカメラータ・レーベルにて5枚のソロ・アルバム(吉原すみれ・打楽器の世界1-5)を制作。

代表作品
アルバム『吉原すみれ・打楽器の世界1』(1980) / アルバム『打楽器通信』(1997) / アルバム『打楽器通信2』(2002)

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

世界大百科事典内の吉原すみれの言及

【ジュネーブ国際音楽コンクール】より

…過去の第1位受賞者のうち,おもな音楽家にはベネデッティ・ミケランジェリ(1939,ピアノ),グルダFriedrich Gulda(オーストリア,1930‐ )(1946,ピアノ),ニコレAurèle Nicolet(スイス,1926‐ )(1948,フルート),アンドレMaurice André(フランス,1933‐ )(1955,トランペット),アルヘリチMartha Argerich(アルゼンチン,1941‐ )(1957,ピアノ)らがいる。また日本人では,吉原すみれ(1972,打楽器),河野俊子(1973,フルート)がいる。【成沢 玲子】。…

※「吉原すみれ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

吉原すみれの関連キーワード沢井一恵

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android