コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木下恵介 きのしたけいすけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木下恵介
きのしたけいすけ

[生]1912.12.5. 浜松
[没]1998.12.30. 東京
映画監督,脚本家。浜松工業学校卒業。 1933年松竹蒲田撮影所に入所,カメラマン助手,助監督などを経て,43年『花咲く港』で監督としてデビュー。その風刺喜劇性と抒情性の新鮮さで注目され,第2次世界大戦後も多くのジャンルの作品を常に新しい作風で追求し続けた。社会的主題を写実的に描いた『大曾根家の朝』 (1946) ,『日本の悲劇』 (53) ,昭和の世相を描いた『二十四の瞳』 (54) ,『喜びも悲しみも幾歳月』 (57) ,風刺喜劇『破れ太鼓』 (49) や日本最初の長編色彩映画『カルメン故郷に帰る』 (51) ,抒情的な『野菊の如き君なりき』 (55) ,歌舞伎的様式美の『楢山節考』 (58) などと多彩。 64年からテレビドラマにも進出した。遺作は『』 (88) ,記念となる 50本目は自身が一兵卒として中国に転戦した経験をもとに脚本を執筆,意欲を燃やしていたが未完に終った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きのした‐けいすけ【木下恵介】

[1912~1998]映画監督静岡の生まれ。本名、正吉。「花咲く港」で監督デビュー。庶民の生活や情感を温かなまなざしで描いた作品を多く残す。テレビでも情愛あふれたドラマを提供し人気を集めた。代表作は、初の国産カラー作品である「カルメン故郷に帰る」のほか、「二十四の瞳」「野菊の如き君なりき」「喜びも悲しみも幾歳月」など。平成3年(1991)文化功労者

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

木下恵介【きのしたけいすけ】

映画監督。浜松生れ。浜松工業卒。1933年松竹蒲田入社。島津保次郎らの助監督を経て,処作の時局風刺を盛り込んだ喜劇《花咲く港》(1943年)で注目される。以後さまざまなテクニックを駆使した,新鮮な抒情と風刺の佳作を発表。
→関連項目城戸四郎佐田啓二島津保次郎高峰秀子勅使河原宏阪東妻三郎三國連太郎吉田喜重

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木下恵介 きのした-けいすけ

1912-1998 昭和-平成時代の映画監督。
大正元年12月5日生まれ。昭和8年松竹入社。18年「花咲く港」で監督デビュー。26年「カルメン故郷に帰る」で注目され「二十四の瞳」「野菊の如き君なりき」「喜びも悲しみも幾歳月」と連続して話題作をつくり,日本映画の黄金期をきずいたひとり。のちTBSテレビで「木下恵介劇場」などを手がけた。平成3年文化功労者。平成10年12月30日死去。86歳。静岡県出身。浜松工業卒。本名は正吉。
【格言など】バカ正直であれ(処世訓,父のことば)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きのしたけいすけ【木下恵介】

1912(大正1)‐
映画監督。黒沢明とともに戦中にデビューして戦後の日本映画の基礎を築く。浜松市生れ。松竹蒲田撮影所で島津保次郎,次いで吉村公三郎の助監督を経て,1943年,時局風刺の要素を織りこんだ喜劇《花咲く港》で監督となる。同年,東宝では黒沢明が《姿三四郎》でデビューしたが,もっとも優れた新人監督を対象とした山中貞雄賞の選考では,木下,黒沢ともに甲乙つけがたく2人そろって受賞。以来,好敵手とみなされ,実際,お互いの戦後第1作,木下《大曾根家の朝》と,黒沢《わが青春に悔なし》(ともに1946)は,〈戦後の民主的な日本映画の最初の代表作〉(岩崎昶)になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きのしたけいすけ【木下恵介】

1912~1998) 映画監督。静岡県生まれ。本名、正吉。喜劇から社会劇まで幅広い作品の中で日本的抒情を謳い上げた。日本初の長篇カラー映画「カルメン故郷に帰る」のほか、「二十四の瞳」「楢山節考」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木下恵介
きのしたけいすけ
(1912―1998)

映画監督。静岡県生まれ。浜松工業学校卒業。写真学校を経て1933年(昭和8)松竹に撮影助手として入るが、3年後監督部に移り、おもに島津保次郎(やすじろう)監督についた。助監督時代からよくシナリオを書き、『五人の兄妹』『素裸の家』などが他の監督で映画化された。1943年監督となり菊田一夫(かずお)の舞台劇の映画化『花咲く港』で才走った技巧をみせ、同年秋登場した黒澤明とともに日本映画に新風を吹き込んだ。以来『陸軍』(1944)、『大曽根(おおそね)家の朝』(1946)、『破戒』(1948)、『破れ太鼓』(1949)などを発表、1950年代に入ってますます活発な製作を続けた。著名な原作ものも多いがオリジナル作品も少なくなく、多くは自らシナリオを書き、悲劇も喜劇もよくした。ほとんど2人だけのオール・ロケ映画『女』(1948)、初の国産カラー『カルメン故郷に帰る』(1951)、歌舞伎(かぶき)の手法と色彩心理を導入した『楢山節考(ならやまぶしこう)』(1958)など新しい試みも多い。リアリズムに徹した『日本の悲劇』(1953)もあるが、『二十四の瞳(ひとみ)』(1954)、『野菊の如(ごと)き君なりき』(1955)、『喜びも悲しみも幾歳月(としつき)』(1957)など叙情的作品が主流をなした。テレビでも「木下恵介劇場」「木下恵介アワー」などの長期シリーズで多数のドラマを提供し、心を傷める者へのいたわりの感情をよく描いた。生涯の劇場映画は中編『父』(1988)までの49本。1977年に紫綬褒章(しじゅほうしょう)、1984年に勲四等旭日(きょくじつ)小綬章を受章、1991年(平成3)に文化功労者に選ばれた。[登川直樹]

資料 監督作品一覧

花咲く港(1943)
生きてゐる孫六(1943)
歓呼の町(1944)
陸軍(1944)
大曽根家の朝(1946)
わが恋せし乙女(1946)
結婚(1947)
不死鳥(1947)
女(1948)
肖像(1948)
破戒(1948)
お嬢さん乾杯!(1949)
四谷怪談(1949)
破れ太鼓(1949)
婚約指環(1950)
善魔(1951)
カルメン故郷に帰る(1951)
少年期(1951)
海の花火(1951)
カルメン純情す(1952)
日本の悲劇(1953)
女の園(1954)
二十四の瞳(1954)
遠い雲(1955)
野菊の如き君なりき(1955)
夕やけ雲(1956)
太陽とバラ(1956)
喜びも悲しみも幾歳月(1957)
風前の灯(1957)
楢山節考(1958)
この天の虹(1958)
風花(1959)
惜春鳥(1959)
今日もまたかくてありなん(1959)
春の夢(1960)
笛吹川(1960)
永遠の人(1961)
今年の恋(1962)
二人で歩いた幾春秋(1962)
歌え若人達(1963)
死闘の伝説(1963)
香華 前後篇(1964)
なつかしき笛や太鼓(1967)
スリランカの愛と別れ(1976)
衝動殺人 息子よ(1979)
父よ母よ!(1980)
この子を残して(1983)
新・喜びも悲しみも幾歳月(1986)
父(1988)
『佐藤忠男著『木下恵介の映画』(1984・芳賀書店) ▽三國隆三著『木下恵介伝』(1999・展望社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の木下恵介の言及

【映画】より

…1938年には政府(司法省)が8大映画会社を相手どって反トラスト法(独占禁止法)違反のかどで訴え,戦後(1946)各社の傘下の劇場チェーンを解体し,製作・配給と興行の2部門に分離させた。1年52週の番組,すなわち〈全プロ〉を組むことが容易であった日本映画の黄金期の50年代には,松竹で木下恵介が絶頂期の作品を20本(《カルメン故郷に帰る》(1951),《日本の悲劇》(1953),《女の園》《二十四の瞳》(ともに1954),《野菊の如き君なりき》(1955),《楢山節考》(1958)等々)を撮った。さらに,大曾根辰夫は松竹で,萩原遼は東横,東映で,マキノ雅弘は各社を渡り歩いて50本以上もの〈プログラム・ピクチャー〉を撮っている(マキノ雅弘監督が東宝で撮った《次郎長三国志》シリーズ(1952‐54)もこの時代である)。…

【女の園】より

…木下恵介脚本・監督による映画,1954年作品。戦後日本の社会のゆがみから必然的に生まれた伝統的家族制度の崩壊を非情に描いた《日本の悲劇》(1953)と,戦争と軍国主義に貫かれた貧しく不幸な20年間の昭和史を詩情豊かに描いた《二十四の瞳》(1954)の間に作られ,それらとともに〈木下恵介監督の作家活動の一つの頂点をなすもの〉(佐藤忠男)と評価されている。…

【カルメン故郷に帰る】より

…1951年製作の木下恵介監督による映画。日本最初の総天然色映画(この宣伝文句で売り出された)。…

【喜劇映画】より

…しかし,こうしたドライな,時として毒のある笑いは,大衆受けはしなかった。例えば木下恵介は,《お嬢さん乾杯》《破れ太鼓》(ともに1949)などの風俗喜劇や,《カルメン純情す》(1952)などの風刺喜劇に才腕をふるったが,作家論的にはむしろ《二十四の瞳》(1954)などの〈抒情映画の名匠〉として評価されることになる。このことは,結局,戦後の喜劇映画で最後に残ったのが,山田洋次の,ハナ肇主演のいわゆる《馬鹿》シリーズから,渥美清主演の《男はつらいよ》シリーズに至る一連の〈無知で気のいい男の悲喜劇〉という人情路線であることからも立証されよう。…

【楢山節考】より

…同作品の映画化は1958年製作。木下恵介監督作品。歌舞伎ふうの定式幕に〈トザイ,トーザイ,これよりご覧にいれまするは本朝姨捨の伝説より,楢山節考,楢山節考……〉という口上が聞こえてきて幕が引かれ,ラストの現代の風景を除く全編が舞台を思わせるセットのなかで展開,そして場面転換にも〈振落し(書割の布をパラリと落としたとたんに背後の次の場面が見える)〉や〈引道具(前面の道具を脇へ引くにしたがって新しい情景に変わっていく)〉といった歌舞伎の舞台の早替りの手法が使われ,音楽にも歌舞伎ふうに義太夫や長唄や浄瑠璃が使われるといったように,徹底的に〈様式化された〉画面構成による作劇法(シネマトゥルギー)の成功で木下恵介の代表作の一本となっている。…

【阪東妻三郎】より

…稲垣浩監督),《素浪人罷通る》(1947。伊藤大輔監督)や老練の円熟した立回りが印象的な伊藤大輔監督《おぼろ駕籠》《大江戸五人男》(ともに1951)で阪妻ならではの風格と貫禄を見せるが,晩年に至る名優・阪妻の人間的な魅力とイメージを決定づけたのは,〈無知〉な庶民(車夫)の純粋無垢な魂を描いた稲垣浩監督《無法松の一生》(1943)から,これも〈無学文盲〉の徒(将棋一途の無知で気のいい男・坂田三吉)の気高い魂を描いた伊藤大輔監督《王将》(1948)をへて,うわべはいばり散らしているものの根は無邪気でお人よしの〈雷親父〉の喜劇を描いた木下恵介監督《破れ太鼓》(1949)に至る現代劇であろう。51歳で病死。…

※「木下恵介」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

木下恵介の関連キーワード新・喜びも悲しみも幾歳月今日もまたかくてありなんスリランカの愛と別れなつかしき笛や太鼓二人で歩いた幾春秋衝動殺人 息子よこの子を残して間諜未だ死せず生きている孫六お嬢さん乾杯!カルメン純情すわが恋せし乙女川頭 義郎死闘の伝説日本の悲劇この天の虹五人の兄妹歌え若人達愛の砂丘今年の恋

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木下恵介の関連情報