吉田仲二(読み)よしだ なかじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田仲二 よしだ-なかじ

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)作者,人形遣い。
明和7年(1770)江戸外記座の「けいせい扇富士」を玉泉堂(ぎょくせんどう)と,安永3年肥前座の「鉵鈷駄六(とっこのだろく)一代噺(いちだいばなし)」を初代松貫四(まつ-かんし)と合作。人形遣いとして安永5年「恋娘昔八丈」で城木屋庄兵衛を演じている。名は仲治とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android