コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人形遣い にんぎょうつかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人形遣い
にんぎょうつかい

人形劇で人形を操る人。役者ともいう。日本では人形芝居,特に人形浄瑠璃が非常な発達をとげ,人形遣いの名手が続出した。一人遣い時代には,元禄年間 (1688~1704) に『曾根崎心中』のお初などを遣った辰松八郎兵衛が傑出。享保 19 (34) 年三人遣い考案以後は,『仮名手本忠臣蔵』の由良之助などの初演者吉田文三郎が名高い。明治の名手には1世吉田玉造,1世桐竹紋十郎,大正~昭和では,1世吉田栄三吉田文五郎,2世桐竹紋十郎らが出た。三人遣いの場合,主 (おも) 遣い,左遣い足遣いの3者から成るが,番付面には主遣いだけを掲載。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

にんぎょう‐つかい〔ニンギヤウつかひ〕【人形遣い】

人形劇で、人形を操ること。また、その人。日本では、傀儡子(かいらいし)の芸から発展し、手遣い糸操り・からくりなどの操作方法がある。人形回し

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にんぎょうつかい【人形遣い】

人形芝居で、人形を操る人。
傀儡師かいらいし 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

人形遣いの関連キーワード結城 孫三郎(10代目)桐竹 紋十郎(2代目)吉田 玉五郎(2代目)桐竹 勘十郎(2代目)吉田 辰五郎(5代目)桐竹 亀松(4代目)吉田 玉造(4代目)桐竹紋十郎(1世)吉田 玉造(初代)西川伊三郎(初代)藤井小三郎(初代)藤井小三郎(2代)桐竹門造(5代)吉田才治(3代)小詰め・小詰陰で糸を引く吉田 文五郎若竹伊三郎桐竹 紋三藤井小八郎

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人形遣いの関連情報