吉田類(読み)よしだるい

知恵蔵miniの解説

吉田類

酒場ライター、作家、タレント、俳人。1949年6月1日、高知県生まれ。シュールアートの画家としてパリを拠点とし活動した後、イラストレーターに転身。90年代から酒場や旅に関する執筆活動を開始し、「酒場詩人」と称されるようになる。2003年9月から主に東京近郊のレトロな酒場を巡るBS-TBSの番組「吉田類の酒場放浪記」が放映開始となり、タレントとしての活動も増えている。『立ち呑み詩人のすすめ』(同朋舎、2000年)、『酒場歳時記』(日本放送出版協会、2004年)、『吉田類の酒場放浪記』(TBSサービス、2009年)など著書多数。

(2015-5-15)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉田類の関連情報