コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉良満氏 きら みつうじ

2件 の用語解説(吉良満氏の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉良満氏 きら-みつうじ

?-? 鎌倉時代の武将。
吉良長氏の子。三河(愛知県)幡豆郡(はずぐん)吉良荘西条にすむ。左衛門尉(さえもんのじょう),上総介(かずさのすけ)。「吾妻(あづま)鏡」建長4年(1252)4月1日の条などにその名がみえる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

吉良満氏

生年:生没年不詳
鎌倉時代後期の武将。長氏の子。上総介。三河国(愛知県)幡豆郡吉良庄西条に居住す。『吾妻鏡』建長4(1252)年4月1日条に,宗尊親王を将軍として鎌倉に迎えた武士のなかに,上総三郎満氏としてみえている。以後同書に弘長3(1263)年8月9日条までしばしば登場する。

(伊藤喜良)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉良満氏の関連キーワード有馬元家松平清直足利貞氏今川国氏金沢政顕河崎重家吉良貞義吉良長氏武田信忠藤原忠光

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone