吾妻(読み)あがつま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吾妻
あがつま

群馬県中部,東吾妻町中・西部の旧町域。榛名山北斜面から吾妻川中流域を占める。 1956年原町から吾妻町に改称。 2006年村と合体して東吾町となった。中心集落原町は,中之条盆地の谷口に位置する。山地が広く,耕地は吾妻川と支流温川 (ぬるがわ) のつくる河岸段丘上にあり,コンニャクイモ畑とクワ畑が多い。西部の吾妻渓谷 (国指定名勝) は,「関東の耶馬渓」と呼ばれる景勝地で,北部の岩櫃山には中世の関東三岩城の一つとして名高い岩櫃城跡がある。原町の大ケヤキは国の天然記念物。

吾妻
あづま

長崎県南東部,雲仙市北部の旧町域。島原半島の北西部で諫早湾に面する。1954年山田村と守山村が合体して吾妻村となり,1963年町制。2005年国見町,瑞穂町,愛野町,千々石町,小浜町,南串山町と合体して雲仙市となる。雲仙岳扇状地を開析した小河川の流域と干拓地は,長崎県の主要水田地帯の一つをなす。扇状地や丘陵は畑地で,畜産とジャガイモ栽培が行なわれる。諫早湾干拓事業により,1999年対岸の諫早市と結ぶ潮受け堤防が完成した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あ‐ずま〔‐づま〕【×吾妻/××嬬】

わが妻。私の妻。
「三たび嘆かして、―はやと詔云(の)りたまひき」〈・中〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あがつま【吾妻】

群馬県北西部、吾妻川流域にある郡。四万(しま)、草津など、数多くの温泉群がある。古くは「あかつま」とも。〔二十巻本和名抄(934頃)〕

あづま【吾妻】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吾妻の関連情報