コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吾妻 あがつま

5件 の用語解説(吾妻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吾妻
あがつま

群馬県中部,東吾妻町中・西部の旧町域。榛名山北斜面から吾妻川中流域を占める。 1956年原町から吾妻町に改称。 2006年村と合体して東吾妻町となった。中心集落原町は,中之条盆地の谷口に位置する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

吾妻
あづま

長崎県南東部,雲仙市北部の旧町域。島原半島の北西部で諫早湾に面する。 1954年山田村と守山村が合体して吾妻村となり,1963年町制。 2005年国見町,瑞穂町,愛野町,千々石町,小浜町,南串山町と合体して雲仙市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あ‐ずま〔‐づま〕【×吾妻/××嬬】

わが妻。私の妻。
「三たび嘆かして、―はやと詔云(の)りたまひき」〈・中〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あづま【吾妻】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吾妻の関連キーワード韋編三たび絶つ嘆かふ嘆かし・歎かしモナミ物嘆かし我が君三呼嘆かく嘆かし《夏の夜は三たび微笑む》

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吾妻の関連情報