吉野手漉和紙(読み)よしのてすきわし

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

吉野手漉和紙[紙工芸・和紙]
よしのてすきわし

近畿地方、奈良県の地域ブランド。
吉野郡吉野町で製作されている。楮を吉野川の清流にさらしてつくる吉野手漉き和紙は、宇陀紙・美栖紙国栖紙とも呼ばれる。非常に薄いが粘り強い。表装紙・書道紙・草木染紙などがつくられている。奈良県伝統的工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android