コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国栖紙 クズガミ

デジタル大辞泉プラスの解説

国栖紙(くずがみ)

奈良県吉野郡吉野町で生産される和紙「吉野和紙」の古称

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国栖紙
くずがみ

大和(やまと)国(奈良県)吉野川上流の国栖(吉野町国栖)を中心に、現在も漉(す)き続けられている和紙。国樔紙とも書く。一説に淡路国(兵庫県)の産紙というのはまったくの誤解である。製紙は比較的早く室町時代に始まると考えられる。国栖紙は吉野紙同様薄いが、柔軟でしかも非常に強いため、厚手のものはとくに漆漉(こ)し、油漉しなどとよばれて漆の精製や油を漉すのに用いられる。また表具用にもなる。[町田誠之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

国栖紙の関連キーワード奈良県吉野郡吉野町国栖(奈良県)吉野手漉和紙吉野(町)奈良県宇陀紙

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android