同一過程説(読み)どういつかていせつ(英語表記)uniformitarianism, Lyellism

岩石学辞典の解説

同一過程説

斉一説と同義.18世紀末にハトン(Hutton)が提唱し,ライエル(Charles Lyell)が強調した考えで,地球の歴史では古い時代から新しい時代に至るまで働いた地質作用は,現在地球に働きつつある作用と同じで,大天変地異は起こらなかったとする説[渡辺編 : 1935].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android