コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同時計数法 どうじけいすうほうcoincidence method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

同時計数法
どうじけいすうほう
coincidence method

コインシデンス法ともいう。2個以上の計数管に同時に粒子が入射した現象のみを計数する方法。そのための回路を同時計数回路という。 1928年 W.ボーテと W.コルヘルスターが初めてこの回路を使用したが,30年 B.ロッシが性能のよいものをつくったので,ロッシの回路とも呼ばれる。同時計数法の1種として遅延同時計数法があり,1つの入力パルスを遅延ケーブルにより一定時間遅らせて,関連する別の入力パルスと同時計数させる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android