コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同期もの ドウキモノ

1件 の用語解説(同期ものの意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

同期もの

コンピューター、シーケンサーなどのMIDI機器同士、またはMTRを特殊な同期信号によってタイミングを揃えて演奏させることを「同期(シンク:sync)」という。そうしてできた音楽を“同期もの”というのだが、これは現在ではレコーディングのごく一般的なテクニック。つまり、現在の同期ものという言葉はコンピューターミュージックテクノ・ポップと同じく、極力生楽器を使わず、デジタルビートによるシンク感を強調したエレクトリックポップを指すことが多い。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

同期ものの関連キーワードコンピューターリテラシー非ノイマン型コンピューターコンピューターアートコンピューター組版シーケンサーハイブリッドコンピューターミニコンピューターコンピューター総合保険ボードコンピューター無停止コンピューター

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone