同期もの(読み)ドウキモノ

音楽用語ダスの解説

コンピューター、シーケンサーなどのMIDI機器同士、またはMTRを特殊な同期信号によってタイミングを揃えて演奏させることを「同期シンク:sync)」という。そうしてできた音楽を“同期もの”というのだが、これは現在ではレコーディングのごく一般的なテクニック。つまり、現在の同期ものという言葉はコンピューター・ミュージックやテクノポップと同じく、極力生楽器を使わず、デジタル・ビートによるシンク感を強調したエレクトリック・ポップを指すことが多い。

出典 (株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて 情報

同期ものの関連情報