コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同期転送

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

同期転送

ハードウェア一般送信側と受信側でタイミングを一致させながらデータ転送を行なう方式。送信側は、まず最初の同期信号を受信側に送り、受け取りの準備を確立したうえでデータ転送を開始する。余分な情報を含めずにデータ転送が行なえるため、転送効率がよい。SCSISCSIのデータ転送時のオプション。通常、SCSIのデータ転送は、1byteのデータ転送(8ビット幅のSCSIバス時)ごとに、イニシエータとターゲット間で、データが正しく転送されたかどうかの確認を行なう非同期転送が用いられる。これに対し、同期転送では、相手が情報を受け取ったかどうかの確認を1byte(8ビット幅のSCSIバス時)ごとに行なわず、決められたオフセット分だけ、連続してデータの出力を行なうことで、データ転送の高速化を図っている。この同期転送を行なうには、データフェーズに先立ち、メッセージフェーズでSDTR(Synchronous Data Transfer Request)メッセージを交換(シンクロナスネゴシエーション)し、転送に用いるオフセット、最小データ転送サイクルなどを決定しておく必要がある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

同期転送の関連キーワードこうたいいきアイエスディーエヌSCSIバスフェーズATMSCSIセルリレーVoATMADS方式VoPNBSCSTMATM

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

同期転送の関連情報