同気相求める(読み)ドウキアイモトメル

デジタル大辞泉の解説

同気(どうき)相求(あいもと)める

《「易経」乾卦から》気の合う者はおのずから親しくなり、寄り集まる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうきあいもとめる【同気相求める】

〔易経 乾卦
同じ気質のものは自然に寄り集まる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どうき【同気】=相求(あいもと)める[=求(もと)める]

(「易経‐乾卦」の「同声相応、同気相求」による) 気の合う者は互いに親しみ集まる。同類のものは自然に集まる。〔文明本節用集(室町中)〕
※浄瑠璃・傾城反魂香(1708頃)三熊野「五臓の中にも肺は金同気もとめて朽ちもとろけもよもせまじ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android