コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傾城反魂香 ケイセイハンゴンコウ

百科事典マイペディアの解説

傾城反魂香【けいせいはんごんこう】

吃又(どもまた)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいせいはんごんこう【傾城反魂香】

人形浄瑠璃。時代物。近松門左衛門作。大坂竹本座初演。下之巻に〈ゆたか成年は子のとし〉とあり,1559年(永禄2)没法眼元信の百五十年忌に当たるところから,1708年(宝永5)子歳上演と推定されている。3段曲。狩野元信土佐光信の婿となり,絵所の預りとなった史実によって仕立てたお家騒動物。元信をめぐり,勅勘の身の土佐光信の娘遠山(太夫名,のちにやり手みや)と,主君六角頼賢の娘銀杏の前との恋のからみと,敵役不破道犬・伴左衛門親子,絵師雲谷ら悪人による受難を縦筋として,それに名古屋山三・不破伴左衛門の〈鞘当(さやあて)〉を織り込んだ作。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けいせいはんごんこう【傾城反魂香】

人形浄瑠璃。時代物の一。近松門左衛門作。1708年初演。狩野元信が土佐光信の婿となり、絵所預となった史実に、吃どもの又平伝、反魂香の説話、不破名古屋の廓の達引たてひきなどを織り込む。上の巻の「将監閑居」(通称「吃又」)が有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

傾城反魂香
けいせいはんごんこう

浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。時代物。3段。近松門左衛門作。1708年(宝永5)8月(推定)大坂・竹本座初演。絵師狩野元信(かのうもとのぶ)の一五〇年忌を当て込んだ作といわれ、元信が土佐将監光信(とさのしょうげんみつのぶ)の女婿(じょせい)になり絵所(えどころ)を開いた事績に、名古屋山三(さんざ)や吃(ども)の又平の伝説などを取り混ぜたもの。題名の由来は、漢の武帝が名香をたいて亡き李(り)夫人のおもかげを見たという反魂香の故事に基づき、将監の娘である傾城遠山(とおやま)が元信と契りながら六角(ろっかく)左京太夫の娘銀杏の前(いちょうのまえ)に恋を譲って死に、その霊魂が元信の眼前へ姿を現すという話(中・下の巻)にあるが、有名なのは浄瑠璃でも歌舞伎(かぶき)でも上の巻「将監閑居」で、俗に「吃又(どもまた)」とよばれ、独立して多く上演される。
 将監の弟子浮世又平がことばが不自由なため望みを失い、女房とともに死を決して形身の自画像を石の手水鉢(ちょうずばち)に描くと、魂がこもって画像が裏へ抜け出る奇跡がおこり、功によって土佐の名字を許されるという筋で、質実で口無調法な又平と、男勝りで雄弁な女房(歌舞伎では役名おとく)の対照が見どころ。従来、後世に改作した『名筆傾城鑑(めいひつけいせいかがみ)』(1752)が多く行われてきたが、近年はもっぱら原作に忠実な台本によって上演されている。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

傾城反魂香の関連キーワード竹本 伊達太夫(5代目)尾上 多見蔵(3代目)近松門左衛門(年譜)ふろふき(風呂吹)けいせい反魂香昔話稲妻表紙小佐川源次郎人形浄瑠璃不破名古屋竹本義太夫カステラ稲妻表紙反魂香浅間嶽吃又平絵所預又平説話

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

傾城反魂香の関連情報