コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名付け ナヅケ

デジタル大辞泉の解説

な‐づけ【名付け】

名をつけること。特に、新生児に名をつけること。また、その儀式。ふつう生後7日目に行う。命名。
いいなずけ」に同じ。
「―の方より、急々に欲しいと申すにつき」〈浄・今宮の心中

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なづけ【名付け】

生まれた子に名前をつけること。普通、生後七日目につける。命名。
「いいなずけ(許婚)」の略。 「在所で-の方より急々に欲しいと申すにつき/浄瑠璃・今宮心中

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の名付けの言及

【綽名(渾名)】より

…呼名はその人の実名以外に他人がつけた名で,諱(いみな)・諡(おくりな)・源氏名・醜名(しこな)とともにあだ名があったわけである。【遠藤 元男】 戸籍など公的な書類に届け出された本名に対して,あだ名は私的な交際の相手が名付けた呼名である。実名とも呼ばれる本名が法的・形式的なものであるため,かえって人格の実態から遠いむなしいものに思えるときがあるのに対して,親愛であれ軽侮であれ感性にささえられるあだ名は端的に人柄を表現するところに特性がある。…

【育児】より

…乳つけ親のほかにも,生児のために産育の各段階に応じて,帯の親,取上げ親,名付親,拾い親など多くの仮親(かりおや)をとる風習があった(親子成り)。七夜の祝には生児の名付けを行い,産婆,実家の母親,仲人の女親,近親等を招いて盛大な共食の祝を行って,生児をこの世のものとして承認する。 七夜または11日目の〈初外出〉をウイデ,イダシハジメ,デゾメなどといい,生児に初めて日の目を見せる。…

【一字書出】より

…古文書の一様式。元服のとき烏帽子親(えぼしおや)がその子に命名する際に,自己の実名の1字を与え,その証拠に,狭義にはその1字のみを自身記して与えた文書。名字書出の一形式。一字状ともいう。1字の贈与は烏帽子父子の間だけでなく,主従の間にも行われ,血縁擬制のより強い絆とされ,家臣中のよりよい待遇とされ,一字拝領として家格の表徴ともなった。一字拝領とは,これを与えられた臣下から見た行為である。加冠の儀式が形式的にせよ主人の臨席の下に行われるのが本来の形である。…

【七夜】より

…出産儀礼のうち最も重要なものの一つで,産婆,近親者などを招いて小宴をはり,贈答がなされる。七夜に行われる行事は地方によっていろいろで,この日に生児の命名(名付け)を行い,ナビラキの祝をする地方は多い。現在も生児の命名は七夜までに行われている。…

【名】より

…われわれをとりまく森羅万象,そのすべてに名があるわけではない。名付けられたものもあれば,名付けられていないものもある。それは当該の文化と強い相関関係を持っている。…

※「名付け」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

名付けの関連キーワードラモー:新クラヴサン組曲集 第1番(第4組曲)/piano soloバッハ:フランス組曲 第4番 変ホ長調/piano soloバッハ:フランス組曲 第5番 ト長調/piano soloバッハ:フランス組曲 第2番 ハ短調/piano soloバッハ:フランス組曲 第6番 ホ長調/piano soloバッハ:フランス組曲 第3番 ロ短調/piano soloバッハ:フランス組曲 第1番 ニ短調/piano soloリスト:4つの忘れられたワルツ/piano solo75 Mile Beachクイーンエリザベスウオーク七夜の祝い・七夜の祝獣帯・ゾーディアックゴールデンウイークネットサーフィン池袋モンパルナスワードロービングホーマービーコンモンテカルロ法くろばね商店会ロマンティック

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名付けの関連情報