コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今宮の心中 イマミヤノシンジュウ

大辞林 第三版の解説

いまみやのしんじゅう【今宮の心中】

人形浄瑠璃、世話物。近松門左衛門作。1711年初演。大坂、今宮の戎えびすの森で前年秋にあった、下女と手代の心中事件を脚色したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今宮の心中の関連キーワード世帯仏法腹念仏胃の腑に落ちるござござ船人形浄瑠璃ぴかしゃか中里ひろみもやくる思ひ入り妬に籠む御無垢名付けてこそ徒し名身代薬猶かし宿小屋後世夜聡発起如法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android