名字朝臣(読み)ミョウジアソン

大辞林 第三版の解説

みょうじあそみ【名字朝臣】

四位の者の名の次に姓かばねの一つである朝臣を書くこと。「親房朝臣」の類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

みょうじ‐あそん ミャウジ‥【名字朝臣】

〘名〙 その人の姓(かばね)の上に名を付けて書くこと、または呼ぶこと。道長朝臣や忠利宿禰の類。通常、四位の人に用いられる。なあそん。
※三内口決(1579頃)「又名字朝臣は、四位雲客之時如此候。是は人は書之。自らは不書之候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android