自ら(読み)ミズカラ

デジタル大辞泉「自ら」の解説

み‐ず‐から〔‐づ‐〕【自ら】

《「(身)つから」の音変化。「つ」は「の」の助詞。身そのもの、の意》
[名]自分。自分自身。「彼は自らの力で勝った」「自らをかえりみる」
[代]一人称の人代名詞。多く、身分の高い女性が自分をさしていう。わたくし。
「―は九重のうちに生ひ出で侍りて」〈・少女〉
[副]ほかの人の力に頼らないで自分の力で行うさま。手ずから。自分で。「自らあやまちを認める」「自ら命を絶つ」
[類語]自分自身自己おのれわれ自分自身手ずから直直じきじき直接直接的じか身を以て自発的親しくダイレクト

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android