コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自ら ミズカラ

デジタル大辞泉の解説

み‐ず‐から〔‐づ‐〕【自ら】

《「み(身)つから」の音変化。「つ」は「の」の意の助詞。身そのもの、の意》
[名]自分。自分自身。「彼は自らの力で勝った」「自らをかえりみる」
[代]一人称の人代名詞。多く、身分の高い女性が自分をさしていう。わたくし。
「―は九重のうちに生ひ出で侍りて」〈・少女〉
[副]ほかの人の力に頼らないで自分の力で行うさま。手ずから。自分で。「自らあやまちを認める」「自ら命を絶つ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みずから【自ら】

〔「身つから」の転。「つ」は助詞、「から」は「それ自体」の意〕
( 名 )
自分。自分自身。 「 -をかえりみる」
( 代 )
一人称。多く、身分ある女性が使う。古くは男性も用いた。わたくし。 「 -は九重の内に生ひ出で侍りて/源氏 乙女
( 副 )
自分から積極的に行うさま。自分自身で。 「 -志願する」 「社長-指揮をとる」 「 -墓穴を掘る」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

自らの関連キーワード蠟燭は身を減らして人を照らす雉も鳴かずば撃たれまい股を割いて腹に充たすオフィシャルサイト紙子着て川へ嵌まるポジションテイカーワークキャンプポリティシャンイッヒロマンオートリシス手盛りを食う自らを持するユーザー車検賢所大前の儀申告納税制度自彊息まず公用営造物消化性潰瘍署名捺印人代名詞

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自らの関連情報